被害も大きいトイレのタンクからの水漏れ

タンクの水が外に漏れたときを想像することはあまりありません。漏れないと思っているからです。しかし、地震などで力がかかったりしたときには、破損してしまう場合もありますし、劣化して漏れる可能性もゼロではありません。

■大量の水が溜められるトイレのタンク

トイレにはタンクが取り付けられており、大量の水を保持しています。最近ではタンクレスもありますが、タンクがあるタイプはまだまだ使われている状態です。このタンクが何らかの原因でひび割れたりしたら、驚くほどの水が漏れてきます。
わずかに便器の中に水漏れして流れるケースとは違って、大量の水が流れ出し、大惨事になるでしょう。水道からも水は供給され続け、周囲は水浸しになります。止めたくても止まらない状況ですが、落ち着いて止水栓を閉めることが大切です。普段からそういった対応を知っておけばすぐに対処できるはずです。

■修理と同時にリフォームも

タンク自体から水漏れする状況は、専門業者でなければ修理もできません。簡単に補修できることができないため、タンクの交換が必要になります。費用的にも大きくなるのが問題です。
そのような水漏れの状況では、床材もダメージを受けてしまうため、交換する必要がある場合も出てきます。状況や使用年数によって異なりますが、大規模な工事になった場合には、同時にリフォームも検討してみるといいでしょう。使い勝手も大きく変わりますし、節水効果も高められます。同時に工事することで、同じような工程にかかる費用も軽減できるというメリットも生まれるからです。

■まとめ
トイレのタンクは、他の設備に比べて大きな被害を出す水漏れです。気がつく範囲にいれば、すぐに対応もできますが、近くにいなければ簡単に対応もできません。わずかに漏れるなど、変化も出てきますので、見逃さないようにして早めに対処できることが肝心です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ