これまでとは違うタンクレストイレの水漏れ

トイレもどんどん進化し、最近ではタンクレスも登場しました。大きなタンクが無くなったことでスペースが大きくとれます。既存のトイレと比較して高機能だからといって、水漏れしないわけではありません。別の問題も出てくるため、注意が必要です。

■スタイリッシュなデザインと電気での制御の問題

タンクレストイレの構造は、タンクが無くなったことで、水道管から直接水を取り入れます。水圧を使って流しますが、水漏れすることがなくなったわけではありません。水道の配管がつながるため、ここから水漏れすることもあります。電気を使って制御することで、誤作動して水が止まらなくなることも起きる可能性があります。
構造がこれまでのトイレと違い、電気を使うところに問題があります。修理をしたくても、感電する危険性も考えなければいけません。電気で制御されているため、修理するパーツも変わります。

■メリットの反面デメリットも大きい

タンクレスは大きなスペースも取れますし、便利なことも間違いありません。メリットも多数ありますが、水回りの設備として構造を複雑にすれば、それだけ水漏れを含めて故障の危険性も出てきます。故障した場合には、専門業者に修理を依頼した方が安心で安全です。部品の破損から水漏れを起こすこともあります。通常のトイレと違い、見た目で故障の判断ができない場合があることも考えておかなければいけません。

■まとめ
タンクレストイレには、これまでとは違った問題がいくつも隠れています。水漏れしたら、止水栓を閉めればいいというわけにもいきません。感電の危険性もあるため、電源を落とし、原因を探る必要が出てくるからです。
故障したときには、手が出せないこともよくあります。業者に依頼することになるので、修理できる業者の連絡先は確認しておくことが必要です。すぐに連絡できる状態にしておくといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ