トイレの止水栓からの水漏れ

トイレの水漏れの中でも怖いのは、止水栓から水が漏れることです。水の供給は続く中で、止まることなく流れ続けていきます。早めに気がつき修理をしなければ大きな被害を出す場所なので注意が必要です。

■止水栓から水漏れすることもある

トイレを含め、水回りの設備には止水栓が取り付けられています。水の供給を止めるための栓で、水量の調節のためにも使われますし、修理の時に水を止める役割も持つ大事な部分です。タンクから水が漏れており、バルブを交換しなければいけないときでも、止水栓を閉めれば安全に作業できます。
問題は、この止水栓自体も壊れることがあり、水漏れを起こす可能性があることです。壊れる可能性はかなり低いものの、回転させて水を止める機構を持っているため水漏れが起きないとは限りません。固着しており、うまく閉まらないときに、力を入れ過ぎて破損することが原因の水漏れもあります。止水栓が機能しなくなると、別の方法で水を止めなければいけません。

■元栓を閉めれば家庭内のすべての水が止まる

止水栓を交換する場合には、元栓を閉めなければいけません。水道メーターの位置が分ければすぐに見つけることができますが、家庭内に引き込まれている水道の供給を全て止めることができるのが元栓です。トイレの水漏れで止水栓が機能しない状態でも、元栓を閉めれば水は止まります。
元栓を閉めることで、止水栓を外して交換することも可能になります。水が送られてこない状態で水圧がかかっていないため、外しても流れ続けることがありません。他の部分とは違い、重要な機能を持つ部分でもあり、できるだけ早急に対応する必要があるため、応急処置をしたら専門業者に依頼すると安全です。

■まとめ
止水栓の位置は、何も問題がないときに確認しておくのが大切です。固着して動かないときもあるため、一度閉めてみるといいでしょう。動かなくなっているときにも元栓を閉めれば水を止めることができるので、位置を確認しておけば間違いありません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ