トイレのタンクからわずかに漏れる水漏れ

生活に大切なトイレですが、少量の水漏れを起こすときがあります。タンクの中から便器に流れ出す状態ですが、発見したときには驚くほどの水道代を請求されることもある大きな問題です。

■わずかに漏れていても止まらない

水漏れにもいろいろな種類がありますが、ほんのわずかでも漏れてくれば、大惨事につながることがあります。トイレのタンクから流れ出している状態もそのひとつです。量は少ないから問題ないと思っていると、高額な水道料金で驚く場合が出てきます。
少量だと思っていても、タンクから水が漏れはじめたら自然には止まりません。流れた分は水道管からタンクへ補給されることになります。これが絶え間なく繰り返されたらどうなるのかといえば、膨大な量の水を使用することになります。使っていなくても関係ないので、経済的な打撃を受けることになります。そのため発見したときには、できるだけ早く修理しなければいけません。

■タンク内のゴム栓やバルブの問題

わずかに漏れてくる水漏れには、いくつかの原因があります。タンク内のゴム栓が劣化して隙間が空いているのは、大きな問題です。インターネット販売などでも簡単に手に入るようになり、交換も難しくありません。
他にもフロートバルブがうまく機能せず、タンクの中であふれだすこともあります。ゴミなどが挟まっていないか確認したり、フロートバルブを交換したり、止水の位置を見なおしたりすることで対応できます。
トイレのタンクの中は、どうしても頻繁に見る場所ではありません。わずかでも漏れている状況を確認したときには、早めに内部をのぞいてみることが必要です。

■まとめ
タンク内のトラブルは、自分でも直せる範囲のものがいろいろとあります。漏れている水が少量と思っていても、かなりの出費につながるのは、経済的にも痛手です。小さなヒントから異常を発見できるため、水漏れの音も見逃さないようにするといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ